読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然の生命・いのちとして生きる・・・心の解放への旅・・・

自然の生命・いのちとして生きたい。ブログは私の心の解放区。

アダルトチルドレン・回顧録(1)

自他ともに認めるアダルトチルドレン機能不全家族で育った)な私。

自分をコントロールするのにはてしなく労力をつかい生きている。

今、ありがたい、とても幸せで感謝の日々の中にいる。

愛をたくさん教えていただいて、心にたくさんの喜びがある。

それでも、いつも心には、なかなかとれない悲しみもある。

自分のこれまでをブログに書くことで、少しずつ心の整理してみようと思う。

 

おかげさまで強くなれてきた今だから、

心の整理ができるかもしれない。

未来への希望の為に、過去をひもといてみる。

 

そういう話が苦手な方は、このページを読み飛ばしていただけたらと思う。

 

-----

 <記憶>

 

子供の頃は父親(自営業)が毎日朝から15時頃まで酒を飲む。

母親はずっとその相手をしている。

父親は飲酒しながら頻繁に暴言や暴力をする。

大きなビール瓶や、手あたり次第の皿や食器を投げつける。

家には父の怒鳴り声と、皿の割れる音がする。

母はじっと押黙っている。

私は母が心配で学校へ行かずその場にとどまっている。

まるで自分がこの場に存在しないような、ふわふわした感覚でただ座っている。

学校では当然出席しない問題児となる。

私は不良でもないのに、つじつま合わせに不良のふりをして、

教師からも憎まれるようになった。

 

 -----

 

父親は夕方に家を出て、夜遅くまで帰らない。帰宅しないことも多い。

外に愛人がいるのだ。

母は父が出かけた後は、私をつかまえて、夜中までずっと、

嗚咽しながら、

「もうつらい。離婚したい。でもあんたがいるから離婚できない」

と言う。

私はずっと、ずっと、それを聴く。

 

  -----

 

やがて私は思うようになった。

「私がいるから、お母さんはお父さんと離れられないのか」

「私のせいで、お母さんは不幸なのだ」

と・・・。

 それはすごく悲しい、つらい感覚で、

「私は生まれてこないほうがよかったのだ」

と毎日、思うようになっていった。

 

 -----

 

ここまでしか今日はかけないので、続きはまた書きます。

 ところで、私の職場には野鳥が遊びに来る。

とてもかわいい・・・のです。

(*OvO*) 

 

f:id:opendialogue:20160131211041j:image
 
 自然の生命・いのちとして生きる・・・心の解放への旅・・・