読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然の生命・いのちとして生きる・・・心の解放への旅・・・

自然の生命・いのちとして生きたい。ブログは私の心の解放区。

飴だまと夏の思い出

自然 グルメ 雑感

好きなもの、色々ありますが、
その中のひとつが、
飴です。

子供のときから、
色々な飴だま模様に夢中になったものでした。

今日は、お気に入りの、
榮太郎飴の、
うめぼし飴と、
ラムネ飴を買いました。

このまま過ぎ去りそうな、
夏の気配がなごり惜しくて。

f:id:opendialogue:20160825204951j:image

飴だまを、ぽくぽくと甜めながら、
夏の思い出を振り返ろう・・・としたけれど、
なんだか慌ただしいばかりの日々であった気がします。

あ、あ、ゆっくり少し自由な気持ちで、
二、三日、
息をつきたい気もするけれど。

でもそうしたなら、きっと、
このバタバタと忙しない日々を、
恋しく思うことなのでしょう。

赤紫蘇シロップを作りました

自然 いのち 雑感 グルメ

お友達から、赤紫蘇が届きました。

f:id:opendialogue:20160726200700j:image

いい香り!
(^o^)

とってもぜいたくに、たくさんいただいたので、赤紫蘇シロップを作りましょう。

綺麗に洗って、汚れや茎を取り除いて・・

f:id:opendialogue:20160726200804j:image

熱湯で、五分ほど煮て、漉します。
そのあと、私は、無漂白のお砂糖と、お酢を加えます。
煮詰めたあと、粗熱をとって、瓶詰めに。

できました!

f:id:opendialogue:20160726200932j:image

ルビーのような綺麗な色。
自然のままの、生命力あふれる鮮烈なかおり。
自然の生命そのものの、フレッシュな味わい。

このシロップを、
炭酸で割っても頂いてもいいし、
ゼリーを作っても美味しいのです。

ああ、嬉しいな。

仕事のあと、疲れて帰って。
そこからほんの30分。
こんなお家仕事の時間が持てることが幸せなのです。

貯水池 鳥山

グルメ 自然 いのち

f:id:opendialogue:20160724000454j:image

f:id:opendialogue:20160724000438j:image

f:id:opendialogue:20160724000509j:image

f:id:opendialogue:20160724000538j:image

とても素晴らしいお店でした。
緑の中の個室で、ゆったりとしたランチ。




自然の生命を感じる時

自然 いのち 雑感

毎日仕事がとても大変で、
忙しいし悩みもたくさんあります。

でもそんな時こそ
風を感じたり
空を見上げて元気を出したいです。

f:id:opendialogue:20160516192220j:image

楽しい心、喜びを、
いろんな人と分かち合いたいです。
悲しみや苦しみも、
いつのまにか溶けてしまうほどの。
わざとらしくない、
本当に自然な優しさを身に付けたいです。

苦しかったり、なやんだり、忙しい時ほど、
自分以外の誰かを思い、
優しい風や空を忘れずにいたいです。


感動のフルーツトマト

自然 いのち グルメ
東日本大震災の後、
福島から東京の西部に移住された方々で、
農園をされている方がいらっしゃいます。
その方が、
フルーツトマトが生ったからと、
持ってきてくださいました。

f:id:opendialogue:20160426122850j:image

かわいい!!美味しそう!!
今日のランチはこのトマトに決定です。
熟してジューシー!
f:id:opendialogue:20160426122921j:image
ぱくっとかじると、うわーと果汁があふれます。

甘い。美味しい。トマトってこんなに美味しいんだ!!

大感激です。

美味しくて、ほかになにも要らないくらいおなかもいっぱいになりました。

東日本大震災被災者の皆様のこと、
熊本の皆様のこと、
とても心配な日々です。

でも、
この、
避難者の方がくださったトマトの美味しさに、
すごく、希望や未来、明るいものを感じました。
涙が出てしまいました。

とっても、とっても、
美味しいです。

山田うどんの朝定食

グルメ 自然

先日、初めて、
埼玉県民のソウルフード山田うどんで朝定食をいただきました。

f:id:opendialogue:20160426020140j:image

おもったより・・・
わるくなかった。
むしろ良かったです!

これは卵焼き定食。

すうどん。
ただの(だしも砂糖も入ってない)卵焼き。
柴漬け。
追加で生卵・・・。
三百円ちょっとのお値段でした。

なんだろう。
なんかすごく癒されたんです。
美味しくもまずくもない。
なんにもない。飾り気もない。
ただの朝ごはん。

埼玉・・・いいなあ。
好きです。

いのち 自然 雑感

春の訪れは、あざやかな花々が絶え間なく知らせてくれて、

もうあっというまに初夏になりそうです。

植物は物静かで、言葉を持ちませんが、

その色や姿、気配から、たくさんの想いやメッセージを感じ取ることができます。

花のあざやかな姿に触れれば、

彼らが咲きほこる理由は、種の保存のためだけではなく、

彼ら自身が美を理解していることを感じ取ることができます。

 

f:id:opendialogue:20160420001318j:image